フランチャイズ(FC)加盟店大募集|アップルワールド

フランチャイズ加盟店募集TOP開業までの流れ・業務の流れビジネス参考例サポート体制・研修制度よくあるご質問

ビジネスモデル


アップルワールドへのフランチャイズ加盟における基本的なビジネスモデルとしては、
エンドユーザー(お客様)から買取りしたお車をオークションに出品し、その差額を収益とする
といった、至ってシンプルなものです。
また買い取り以外にもオークションや業販によって仕入れをし、ユーザーへの小売やオークション、業販で販売することも可能です。


中古車業界では、仕入れ・販売を支援する様々な業態が存在し、ビジネスの幅を広げると共に、支えあって業界が成り立っています。
様々なチャネルを有効活用し、加盟店様に合ったビジネスモデルを一緒に確立して行きましょう!

収支モデル


【テナント改装ケース】


事業を運営する上で最も重要なことは安定した収益が見込めるかどうかです。
ここではテナントを改装した店舗を例に収支モデルをご紹介します。

初期費用
土地・建物契約 280,000円
改装費 2,500,000円
電話回線契約 20,000円
オークション加盟 100,000円
広告宣伝費 300,000円
FC加盟金 300,000円
FC保証金 200,000円
合計 3,500,000円
月間ランニングコスト
ロイヤリティ 100,000円
地代・家賃 280,000円
光熱費 100,000円
通信費 10,000円
オークション 10,000円
雑費 100,000円
合計 600,000円+人件費


参考値(月間)
査定台数 25台
成約率 40%
買取台数 10台
販売台数 3台
粗利 13台×15万円=195万円
※1台平均利益を15万円として計算

在庫台数が10台以下であれば、ひとりで運営することも十分可能です。 現状このモデルの店舗はひとりで運営しています。

全国展開中
FC事業部お問い合わせ